プロパンガスと都市ガスの違いはボンベかガスの配管か

暮らしの中でガスはとても重要な存在であり、当たり前のように使っていますが、使用できなくなったら生活に支障が出てしまうほどです。

国内の家庭では2種類のガスが使用されていますが、プロパンガスと都市ガスには違いがあります。大きなボンベに液化してるガスを充てんして、定期的にガス屋が戸建て住宅やアパートなどに運ぶのがプロパンガスです。主な成分として使われているのは、プロパンやブタンなどであり、価格に関しては自由料金制になります。

金額に違いがあるなら、できるだけ安いにこしたことはありませんが、販売店は消費者が自由に選択をすることが可能です。それぞれの半谷店ごとで自由に価格を決めているので、利用をする側は費用面や利点を重視して比較し、納得のいく販売店との契約をすることができます。天然ガス使用なのが都市ガスであり、メインで使用をしているのはメタンです。プロパンガスとの大きな違いのポイントは、どのようにして契約者の家庭にガスが供給をされるかであり、都市ガスは地下を通るガス導管を使っています。

ガスが無くなる前に業者が大きなボンベを運んできて、ボンベの交換をするといった作業をすることがありません。すでに地下にはガスが通るラインが用意をされていますので、誰かが運ぶ作業も無く、ガスの配管さえあれば常に快適にガスの使用をすることができます。自由に価格を決めているわけではなく、公共料金になっているのも都市ガスであり、プロパンガスより安い価格設定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *