プロパンガスと都市ガスの違いとは

一般家庭で使われているプロパンガスと都市ガスには違いが色々あります。

供給方法にもその違いはあり、プロパンは液化したガスを大型のボンベに詰めて各家庭に届けられていますが、都市ガスは地下に通っている管を通ってそれぞれの家庭に届けられているのが特徴です。アパートや一戸建ての住宅の建物の表に縦長の円柱状のボンベが設置されているのを見たことがある人も多いでしょう。そのような場合には、プロパンガスを使用している建物であると見分けることができます。またプロパンガスと都市ガスの違いは成分にもあります。

ボンベで供給されるタイプの主な成分はブタンやプロパンで、気体の石油ガスを圧縮して液化して作られているのが特徴です。一方、地下に埋められているガス管を通じて各家庭に届けられるタイプのものは、メタンやエタンなどいくつかの成分で出来ている液化天然ガスとなっています。このような供給方法や成分の点でプロパンガスと都市ガスには違いがありますが、これらのことから料金にも違いがあるのが特徴です。

プロパンの方が熱量が高いため同じ料金でも沢山使用することができ、設置する際にかかる初期費用も安い傾向にありますが、供給に人件費がかかることもあり使用料金は高い傾向にあります。ガス管を使用して供給されるタイプのものは、ガス管が必要になるため、設置する際に初期費用が高いのが特徴です。またプロパンよりも熱量は低くなります。しかしその分、毎月の使用料は安く利用できるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *