供給方法と主成分がプロパンガスと都市ガスの違い

どのような方法で供給をするのか、また主な成分は何を使っているのかが、プロパンガスと都市ガスの大きな違いです。

昔ながらのガスのイメージであれば、トラックに灰色の大きなガスボンベを乗せて、ガス屋さんが各家庭へと運んでくれる印象があります。特に地方など田舎へ行けば行くほどこうした光景は、今もなお当たり前のように行われていますが、都心部に行くほどあまり見なくなるのも現代ならではです。天然ガスであるメタンを使うのが都市ガスであり、プロパンやブタンがメインなのがプロパンガスになります。

成分がまず両社の大きな違いとなっていて、他にも供給方法も異なる部分です。低い気圧での液化をすることで、ボンベに充てんをしてトラックなどでの運搬ができるのがプロパンガスであり、都市ガスの場合はボンベではありません。専用のガス管を使用するのが都市ガスであり、都市部ではすでにガス管が整備をされたエリアが増えていますので、この点も大きな違いといえます。

大自然に恵まれた田舎へ行くほど、大都市では得られない心の安定や、自然からの穏やかさを得ることができますが、あらゆる面での整備が行き届いていないこともしばしばです。これはガスに関わる面でも同様であり、かなり田舎になるとまだ地下の、専用ガス配管の整備が整っていないことがあります。地方に行けば行くほどプロパンガスが多いのは、まだガス管の工事がされていないためですが、プロパンガスで困ることもほとんどありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *