プロパンガスと都市ガスとの違い

日常生活に欠かせないガスシステムですが、生活している居住地によってそのシステムも違うことがあります。

ガスシステムには大きく分けて、プロパンガスと都市ガスに分類されています。古くからの住宅地などでは主にプロパンガスが利用されていて、定期的に契約している業者さんがプロパンガスの交換に来てくれます。都市ガスは比較的新しいシステムで、集団住宅やニュータウンなどの一括して開発された地域で利用されています。

地域の市町村の方針によって、エリア全体を都市ガスにしてしまうこともあり、宅地開発の段階ですべての住宅に予め都市ガスの配管が設備されていることが多いものです。この二つのガスシステムの違いは、その供給の仕方がボンベか配管かということもありますが、金額的な違いもあります。新興住宅地などでは一括して配管を作ってしまうので、ガスの料金が安価で利用できますが、プロパンガスの場合は屋外に設置することや、業者による交換手数料などで若干高額となります。

金額の違いはあるものの、別な観点から見ると、都市ガスは地震などで一斉に地域の供給がストップしてしまうのに対し、プロパンガスの場合は戸別に設置しているので、自分でガスの復旧をすることが出来るというメリットがあります。新しく引越しをする際には、事前にガスのシステムを把握しておいて、それぞれの特徴を踏まえながらそのガスに適応しているガスレンジなどを準備するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *