明確に判断できるプロパンガスと都市ガスの違い

家庭内で利用をしているガスの種類が分からないという方は、プロパンガスと都市ガスの違いを把握すると簡単に判断できます。

住宅周りにプロパンボンベが設置されていれば、プロパンガスを利用していることは間違いありません。一方で都市ガスの場合は埋設管を通して家屋内に供給されているものなので、ボンベの設置は必要がないことが基本です。ここで間違ってはいけない内容があり、ボンベが敷地内に設置されていない住宅でも、簡易ガスという方法で供給されている可能性もあり、このタイプはプロパンガスが該当しています。

プロパンガスは液体状で運ばれてきて、ガス管を通した際に気化されるものです。対して都市ガスは最初から気体状に仕上がっているので、この点も大きな違いがあります。利用する際にはどちらも気体で使うものですが、液体で輸送されるプロパンの場合は空気よりも重たい状態です。都市ガスは空気よりも軽い状態なので、ガスコンロ周りを点検してみることも一つの判断基準です。

ガス警報器というものがガスコンロ周辺に取り付けられているのですが、高い位置にあれば都市ガスを利用していることになり、反対に床面近くに取り付けられている場合は、プロパンガスと判断することができます。そのため、一般的な方でも明確に判断することができ、簡単に見分けることは可能です。厳密にいえばそもそもの原料に違いがあります。ブタンとメタンになるので、実際には根本的に製造段階でのプロパンガスと都市ガスの違いも出ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *