プロパンガスと都市ガスの違いを紹介

プロパンガスと都市の違いというと、ガスボンベで使うものと導管を通して使うものということ以外、具体的にはわからないというかたも多いのではないでしょうか。

プロパンガスと都市ガスの違いは、まず原料です。プロパンガスは、ブタンやプロパンが主成分となっていて、都市ガスはの主成分は天然ガスのメタンです。原料が異なることから、それぞれの特性も違います。プロパンは-42℃まで冷やすと液体になり、圧力をかけることでも液化し体積が小さくなります。これによってボンベひ入れて運ぶことが可能になるのです。

一方、都市ガスは-162℃に冷却すると液体になり、体積も小さくなります。それにより、一度に大量に輸入し貯蔵することが可能です。この貯蔵している液体がスを気化したものが都市ガスです。以上のように、ガスを利用するまでのネットワークは原料の違いによってボンベと導管というようにわかれます。また、プロパンガスは空気より重く、都市ガスは空気より軽いという性質もあります。

重さの違いは、万が一ガスが漏れたときの対応方法を分けるものです。空気より重い場合はガスは低い場所にたまるため、窓を開けて低い位置の空気を流すようにしなければなりません。緊急時の警報器も壁のしたの方につけられます。空気より軽ければ、天井に近い方にたまりますかが、窓を開ければ外に出すことができます。警報器は壁の上の方や天井につけます。プロパンガスの場合は、窓を開けるだけではなかなか排気ができないので気を付けてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *