プロパンガスと都市ガスの違いに対応したガスコンロを

プロパンガスと都市ガスの2つが、国内の一般家庭で使われるガスの種類です。

日頃何気なく当たり前に使用をしているので、ガスの違いはあまり関係がないと考えるかもしれません。ですがガス使用時にガスコンロを使うなら、ある程度の関心を持つことも必要です。理由はガスコンロに違いがあるためであり、プロパンガス用と都市ガスでは危機が異なります。もしも利用をするガスに対応できないガスコンロであった場合、一酸化炭素中毒の引き金になったり、火災を起こしてしまうリスクもあるので危険です。

引越しをする先でガスが変わるとか、これからガスコンロを買うことを考えているなら、使うガスに対応できるかを確認しなければなりません。誤ってプロパンガス対応ではないコンロを使ったり、逆に都市ガス専用ではないコンロを使うと、思わぬ危険は勃発しかねないです。異常点火が起こることで火傷を称してしまったり、せっかく購入をした機器の故障につながりかねません。また一酸化炭素中毒の危険性もありますので、違いを理解して対応可能な規格のコンロを使用することです。

ガスは見えないから、自宅で使っているものがどちらか、判断が付かないと考えるかもしれません。確認方法は実はとてもシンプルであり、ガス機器には必ずラベルが貼ってあるためです。ラベルの文字を見ることで、対応のガスの種類も把握できますし、型式も理解をすることができます。ラベルには都市ガス用とか、型式や会社名など必要な情報が記載されているので一目瞭然です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *